前へ
次へ

べたつく肌が気になるなら白米よりも玄米を食べる

毛穴からの皮脂の分泌が多くて、肌にべたつきを感じやすい事が気になるならば、普段の主食を白米から玄米に切り替えてみることです。
銀色の輝きと温かな湯気に柔らかい食感など、日本人は甘くてソフトで美味しい白米に魅了され続けています。
すでにスーパーで販売をされている米は、きれいな真っ白い状態になっていますが、もともとはもっとたくさんの栄養を含んでおり、玄米のように栄養価が高い食材です。
しかし玄米は一般的には食感が硬めであり、味わいも独特ですから甘さのある白米を食べなれた現代人にとっては、白米こそが主食という考えでもあります。
白米は精製をされた肝心の栄養の部分がすっかりそぎ落とされた形状であり、いわばカロリーだけがある食べ物です。
白米を食べていけないわけではありませんが、皮脂分泌の多い時にはミネラル分も含む玄米を食べたほうが、肌の改善には効果的と言えます。
米櫃にたくさんの白米があるなら、発芽玄米を白米に混ぜて炊飯器で炊いても問題はありません。

Page Top